パリレッスンに行ってきました!

5月8日~5月10日までチェコは3連休になるので昨年に続きパリへ行ってきました。

5月9日の午後、有名なサンジェルマン・デ・プレ地域に囲まれ、パリ市民の憩いの場、ルクセンブルグ公園から歩いて1~2分のヤニック・スージニエイブさんのフラワーショップで2レッスン受けてきました。

当日はラッキーなことに私一人。4時間もの長い間、素敵なアトリエでマンツーマンレッスン。
もちろん、フランス語は全然分からないので、レッスンのアレンジをしてくださった金本久美先生(金本先生ご自身もアトリエで教えてらっしゃいますが、ヤニックさんとコラボレーションされていて、当日は通訳とお花のアドバイスもしていただきました)
久しぶりにお花に触れましたが、充実した時間になりました。

レッスン①・・・・フランスのお庭のエスプリ漂うアレンジメント

これは大きなガラスのベースにバラ(フランス産のタンゴ)やビバーナム、ビバーナムの葉(パリではよく使う)
アンティチョーク(食べ物では使いますが、アレンジメントにも使うなんてびっくり)、アイユ(にんにく系の植物)、カラーなどを使い、四方からみてお庭に咲くお花や木々をイメージして、高低差をつけながら入れていきました。
でも、驚くほど多かった花材。バラも相当数ありました。最後の方は入れていくのが大変なほど!
360度ガラスのベースを回転させながら、どの角度から見ても素敵に見えるようにアレンジしていき完成!
とっても、豪華に軽やかに仕上がりました。(画像)

c0182100_2018235.jpg
c0182100_20184512.jpg



レッスン②・・・・・ロマンティックなエレガンスブーケ・流行の2009

こちらは胡蝶蘭を使ったモダンなブーケ。花材は胡蝶蘭、芍薬(赤)、カラー、カランエ、フージェ、パピルス、ミスカンサス

カラーや葉物を2本、3本を一緒に入れ、まわしながら高低差をつけて組んでいきます。その後ハピルスや胡蝶蘭を角度を考えながら入れ、ヤニックさんの得意とするモダンなブーケが完成。
最初、カラーを2.3本一緒に入れていくというのに驚きました。日本では必ず1本づつ入れていきますからね。。ブーケの組み方も花材の組み合わせ方、色あわせ、すべてにおいて驚きの連続。
ブーケはやっぱりアレンジより難しく、悪戦苦闘。ヤニックさんの的確なアドバイスを受けながら完成させました。

でも楽しかった☆

レッスンの合間には近所のカフェでお茶をしたり、いつか実現したいパリ研修の時におススメのプチホテルもご案内していただきました。来年もまたレッスンにうかがいたいですし、いつか生徒の皆さんとご一緒にパリに行ければと思います☆
c0182100_20342531.jpg

[PR]

by juillet-prefla | 2009-05-10 19:23 | preserved flower

ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城へ


主人の母が4月末からプラハへ遊びに来ていたので、少し足を伸ばしてドイツのノイシュヴァンシュタイン城へ車で行ってきました。プラハからはかなり遠いのでミュンヘンで一泊。

車をかなり走らせて山の奥へと入っていくと、突然お城が見えてきます。
山の上に聳え立っている白鳥城はとっても優雅で素敵でした。
お城の中も日本語のオーディオガイドを借りられるので説明を聴きながら、絢爛豪華な城内見学することが出来ます。

ただ、山の中にあるので急に天候が変わり、途中雨に降られたので写真はあまり綺麗に撮れず残念。c0182100_6345255.jpg
天気がよかったらもっと感動しただろうなあ~~
[PR]

by juillet-prefla | 2009-05-01 06:18 | Travel